検索 - タグ
検索 - コンテンツ
検索 - タグ
検索 - コンテンツ
サッカー用品
Shop Puma.com

バックからコーチ開発プレイ

攻撃段階で自らの責任に外側フランクの選手を育成するために、セッション。 外側フランクプレーヤーを使用して攻撃パターンを開発しています。 保持し、中央の中盤の選手が含まれるように進行が背中をプレイアウトの開発に完全なコーチングセッションにこれを行う。
  • Nドリルo: AFD3
  • 年齢: 14-アダルト
  • いいえプレーヤーません: 10歳以上
  • 難易度: ハード/ミディアム
  • エリア/時間: 1 / 2フィールド(25mins)
ダイアグラム1
ORGANISATION:

フルサイズのピッチの1 / 2を使用してください。 プレイヤーは、プレイフィールドの片側に圧縮することができるように再生されないプレイがないゾーンをマークします。

  • 4の攻撃(イエロー)
  • 3擁護者(赤)
  • 1キーパー(グリーン)
取扱説明書:

白い攻撃側のチーム上の例では、フィールドをボールを仕事とゲートの目標に得点機会を創出するためにフランクプレーヤーを使用して、相互に組み合わせています。 10分後に攻撃し、防御の役割を切り替えます。 再開位置を変化させることができる。 コー​​チは後ろからプレイアウト発展のキーポイントを識別するために(バックの再生を)攻撃側のチームで動作します。 上の例では、開始位置は、センタースポットです。

  1. ディフェンディ選手の一人は(ミスヒット)、GKに渡す長いを打つ。 このパスは、安全に、GKの手の中にまでA1、A2とA3によってバック陰にする必要があります。 GKはその後A1(フルバック)に配布します。
  2. A1は広い出剥離。 その後を要求し、GKからのスローや足の配信を受ける。
  3. センターバック(A3)は背面に「ハーフムーン」湾曲形状を形成するように低下​​する。
  4. センターバック(A2)は背面に「ハーフムーン」湾曲形状を形成するように低下​​する。
  5. ミッドフィルダー(A4)チェックし、攻撃を支援するために、パスを受け取るためにスペースを見つけるために移動します。

擁護の開始位置に置き制限は、彼らがあまりにも急速に戻ってから再生しチームを侵害した場合。 すなわちなど、黄色の円錐スタート位置の後ろに開始
    得点:

    2チームが競争し、得点しようとします。 目標に採点することによって、チームの得点を擁護。 ゲートゴールボールを再生して、チームの得点を攻撃。 ディフェンディングチームは唯一の7は得点に触れました。 必要に応じて、タッチ制限を除去することができる。

    KEYコーチングのポイント:
    1. GKは制御の下で、オープン体位で安全にボールをいったん外にフルバックが広いすぐに行くことを確認してください。
    2. ディフェンダーは、開始点ロングボールからはるばる戻ってGKにボールをシャドウする必要があります。
    3. ディフェンスラインから攻撃への移行が迅速かつ肯定的である必要があります。
    4. できるだけ早いクロス(ニアポストまたはファーポスト?)話し合う。
    5. バックの選手をサポートするために先にボールの動き。
    6. 図2で示されるように、可能な通過の三角形を議論する。
    7. GKは全体で積極的にする必要があります。 口頭や遊びがフィールドを下に発展するスイーパーとして機能するように遊びをステップアップ。
    ダイアグラム2
    進行:
    1. 6vs4(+ GK)。 6選手は4擁護者を破って、今全幅フィールドとゲートゴールで得点するために結合しようとします。
    2. 両サイドからの早期十字架を模し、ダイアグラム1を示すように開始位置(すなわちSP2、SP3、SP2)を変更します。
    バリエーション:
      1. 6vs5を再生します。 遊びの開発チームのために難易度を増やす。
      NOTESと観察:
      迅速な移行を促す。 GKのための投げの技術とポジショニング(すなわち槍投げ、脇の下、腕の上、足を)議論する。 プレイチームの開発は、バックからプレーするスペースを作成するために展開する必要があります。 外側フランクは、ポジションを攻撃に踏み出すべきです。
      図は、使用して生成された EasyGraphics.